内臓脂肪を減らす方法

更新履歴

醜かった僕の内臓脂肪

 

はじめまして。このサイトの管理人の菅原といいます。

 

埼玉在住のアラサー会社員で、普通の体型に戻れた今は婚活中です。

 

 

さて、今でこそ標準的な体型を維持している僕ですが、数年前までは過度なオーバーワークとストレスから激太りしてそれはそれは酷いデブでした。

 

自分のことを“若者”と自称するつもりはありませんが、まだ30代で全然働き盛りの年齢なのに体型はどう見ても40代以上のオッサン・・・そんな状況になったんです。

 

お盆と年末年始は家族に自分の姿を見せるのが嫌で仕事が忙しいのを理由に帰省もしませんでしたからねw

 

当時の詳しい話は僕の自己紹介のページに書きましたので参考にしてみてください。

 

 

それで、これは流石にマズイと思い、ダイエット(特に内臓脂肪の減少)に取り組むようになりました。

 

このサイトではそんな僕が実際にやった内臓脂肪を減らす方法や、元の体型に戻るまでの体験談を書いていきます。

 

ネットで色々調べると、自分の内臓脂肪に困っている人は沢山います。

 

Naverまとめ:内蔵脂肪
Yahoo知恵袋:内臓脂肪

 

今現在、体がメタボっぽくなってて落ち込んでいる人や、頑張ってはいるものの内臓脂肪だけは如何ともしがたいという人は参考にしてみてください。

 

 

内臓脂肪の減らす方法

 

デブの元凶(?)ともいえる内臓脂肪ですが、がむしゃらにダイエットに励めば良いというわけではありません。

 

まず最初にそもそもなぜ自分は内臓脂肪を減らしたいと考えているのか?そこから問いただす必要があります。

 

 

  • 医者にダイエットすように言われたから
  • 健康診断の結果が酷いもので危機感を持ったから
  • 服の上からも分かるレベルでお腹がポッコリ出ててメタボだったから

 

など、様々なきっかけがあったからだと思います。

 

(僕の場合はこれじゃ結婚どころか彼女すらヤバい・・・というものでした)

 

 

内臓脂肪ってそもそも何?という人はこちらのページ↓をご参照ください。

 

内臓脂肪とは

 

 

しかし、正確にどのくらいの期間でどこまで減らすなどの目標を立てていますか?

 

ただ、漠然とダイエットなどを始めても自分の体を知っていないと適切な方法を見つけることが出来ません。

 

 

まずは、自分の体の脂肪の比率、基礎代謝量などを知ることから始めることをおすすめします。

 

最近では一度に体の様々なデータを測定できる優秀な体脂肪計がたくさん販売されています。

 

数値として目標や結果が見えてくると、ダイエットに対する意欲も湧いてきます。無理な目標を立てず、自分の出来るペースで長い時間をかけて継続してダイエットを行うことが大切です。

 

ここでは内臓脂肪を意識的に減らす為の食事と運動について紹介しています。

 

 

食事に気を遣う

 

内臓脂肪は体に溜まりやすい厄介な存在ですが、その一方で幸いなことに落ちやすいという特徴もあります。

 

 

つまり、方法を間違えなければ確実に誰もが結果を出すことが可能というわけです。

 

まず、基本的はことですが、一日の摂取カロリーを消費カロリーが上回ることが必要です。 ベストはカロリー計算を細かく徹底してやることですが、なかなか細かく毎日計算するのは大変ですよね。

 

僕は、カロリーの出ている食品を購入したり、カロリー計算済みの料理ブックなどを活用しました。

 

基本のカロリー(ご飯1膳、から揚げ1個、コーヒー1杯あたり何カロリーか?)などを把握するだけでも役に立ちます。

 

こうすれば今日は運動していないからご飯を半膳にしよう!とか、お肉は揚げないで茹でて食べよう!などの工夫が出来ますよね。

 

※勿論、カロリーは減らせば何でもOKというわけではありません。 栄養のバランスをしっかり考えましょう。

 

 

運動をきちんとやる

 

内臓脂肪を減らして、脂肪を溜め込みにくい体を手にれるには筋肉トレーニングと有酸素運動の両方が欠かせません。

 

きちんとした筋トレをすると筋肉の量が増えるので、結果的に人体の基礎代謝量を上げることが出来ます。

 

基礎代謝量とは、寝ている間も普段ぼーっとしている間も人間が生きている限り必要とする消費するカロリーのことを言います。

 

呼吸や心臓の脈拍はいつもやってるわけですから、そこにはエネルギーが必要なんですね。

 

そんな基礎代謝ですが、太ももなどの大きな筋肉を鍛えると効率よく上がることができるのでおススメです。

 

それ以外だとスクワットや腹筋、背筋などのトレーニングを取り入れてバランス良く筋肉をつけていきましょう。

 

筋肉は僕たちが思っている以上にカロリーを消費するものなので、ムキムキになればなるほど基礎代謝が上がって「食べても食べても太らない体」が手に入るわけです。

 

余談
知らない人もいるかもしれませんが、日本にはマッスル北村という凄いボディビルダーがかつて居ました。

 

彼はその圧倒的な肉体美で世界的にも高い評価を得ていたのですが、そんな彼の死因は何と餓死です。

 

ボディビルのコンテスト直前に少しでも体を絞るためにカロリー摂取を極限まで抑えて、最終的に基礎代謝分のカロリーすら補えず絶命してしまいました。

 

このことからもいかに筋肉がカロリーを消費するかがよく分かりますね。

 

 

運動には筋トレ以外にももうひとつ重要なものがあります。

 

それが有酸素運動で、こちらは20分以上真剣に取り組むことが効果的とされています。

 

具体的には日々のウォーキングや軽いジョギング、近くにプールがある人は水泳、お金があれば今流行りのサイクリングなんかも良いでしょう。

 

有酸素運動は自分のペースで無理をしないことが大切で、可能であれば週に3日以上行いたいところ。

 

 

筋肉トレーニングにしても有酸素運動にしてもそのコツは楽しみを見出すことです。

 

僕の場合は筋力トレーニングは今も嫌いですけど、有酸素運動についてはボルダリングというスポーツに出会えたことで楽しみながらこなすことができました。

 

 

体作りは一朝一夕で終わるものではないので、どんな人でも一定期間の継続は必要不可欠です。

 

そして、人間辛いものは続きません。

 

そういう意味で、楽しめる方法を見つけることが運動の継続、ひいては内臓脂肪を減らす一番の近道かもしれませんね。

 

 

僕が内臓脂肪を減らすことに成功できたワケ

 

さて、ここまで読んだ人はもうお分かりかと思いますが、内臓脂肪を減らす方法は至ってシンプルです。

 

 

食事制限と運動

 

 

たったこれだけです。

 

食べる量を減らしてしっかり運動すればいい!

 

 

こうして文字にすると当たり前すぎる結論ですが、多分99%の人は「それができないから困ってるんだろ!」と突っ込みを入れたいところだと思います。

 

現に僕もそうでした。

 

じゃあどうやって僕は内臓脂肪を減らすことに成功したのか。

 

 

理由を一つに特定するのは難しいのですが、僕の場合、成功した最大の理由はダイエット用のサプリメントにあったと思います。

 

サプリといえば本当に効くのか何だか胡散臭い存在で、正直「飲むだけで痩せるわけないだろ」と最初は思っていたわけです。

 

しかし、モノは試しということで騙されたと思って購入し、そしていざ実際に飲んでみると・・・・・・痩せませんでした。

 

「?????」と思うかもしれませんが、事実、僕はサプリメントを飲んで痩せなかったんです。

 

しかし、ここからが違いました。

 

恐らく普通の人はダイエット用のサプリメントを飲んでみて、実際に効果が無ければ「やっぱ駄目じゃん」と諦めると思います。

 

ですが、僕は効果が感じられるサプリメントに出会うまで色々なダイエット系サプリを試しまくりました。

 

安いモノから高いモノまで数でいえば20近くやってみたと思います。

 

途中からはもはや執念のような感じでしたが、それほどまでに僕の内臓脂肪は深刻な存在で、どうにかならないかと藁にもすがる思いでやっていました。

 

そのお蔭か、途中からは良いサプリと悪いサプリを見極める目が明らかに鍛えられてきて大きな失敗もなくなってきました。

 

そしてやっとのことで本当に内臓脂肪を減らすのに最適なサプリと出会うことができ、元通りのスリムな体に戻ることができました。

 

 

普通、内臓脂肪を減らすのに成功した人は食事制限と運動にエネルギーを注ぎますが僕は代わりに自分に合ったサプリ選びにエネルギーを注ぐことで結果的に成功できたわけですね。

 

もちろん食事制限と運動も頑張ったには頑張りましたが、やはり僕が成功できた一番の理由はサプリ選びに成功したことだと思えてなりません。

 

僕が実際に飲んでいておススメできるサプリについてはこちらのページ↓にまとめましたので参考にしてみてください。

 

管理人が愛飲しているサプリ一覧

 

 

体が軽いと毎日が楽しい

 

 

ここまで僕の体験談を踏まえつつ、内臓脂肪を減らす方法について書いてみましたが、使えそうなものはあったでしょうか?

 

世の中大切なものは色々ありますが、「人生で最も大切なものは何か?」と問えば僕は“自分の体”だと答えます。

 

愛やお金はもちろん大切ですが、それらは健康な体があって初めて意味を成すというもの。

 

体の体調が良好でなければ仕事は捗らないので収入も増えませんし、外見も肥満体では恋人に苦労するので愛を手に入れるのも難しいでしょう。

 

僕は自分が太っていたとき、休日もその立派なお腹を気にして外に出るのも億劫で怠惰な日々を送っていました。

 

 

でも、自分の体の大切さに気付くことで「これじゃヤバい」と危機感を抱くことができ、行動するようにしました。

 

その結果はこれまでに書いた通り。

 

僕は内臓脂肪と決別するまでに色々遠回りをしてしまったので、随分時間がかかってしまいましたが、それでもデブっていた時に決意をして本当によかったと思います。

 

なので、今自分の肥満や内臓脂肪で困っている人は毎日少しづつでもいいから食事と運動を頑張ってみてください。

 

これをやると最初は間違いなくキツく感じることになります。ですが、ダイエットに成功して生まれ変わった自分の体を鏡で見ると「本当に頑張ってよかったなぁ」としみじみ思えます。

 

当サイトでは今後も内臓脂肪を中心に役立つ情報を発信していきます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!