内臓脂肪測定にお勧めの体組成計

内臓脂肪を測定するのにお勧めの体組成計6つ

内臓脂肪を厳密に測ろうとする場合、病院で検査するのが最も正確です。しかし昨今は体組成計も進化してきたので自宅でもかなり正確な数値が分かるようになってきました。

 

とはいえ安くていい加減なものは壊れやすく数値もデタラメなことが多いです。

 

そこで、ここでは内臓脂肪を測定するのにお勧めの体組成計をご紹介します。

 

体組成計の見るべきポイント

1.測定可能項目をしっかりと確認する

体組成計は内臓脂肪レベルを測定する他にもいろいろな項目を測定することが出来ます。

 

例を挙げると以下の様な項目がチェック可能です

 

・体重と体脂肪率
・BMI
・筋肉量
・骨量
・基礎代謝

 

これらは基本的な項目ですし、体内年齢、骨年齢、同世代の人との比較や前回の数値との比較など基本的項目の他にも自分が測定したい項目がある人は選択肢が異なってきます。

 

自分が必要とする測定項目を確認して下さい。

 

2.体組成計に登録可能な人数もポイント

家族で使用するなら登録可能な人数も重要なポイントです。

 

あと一般的な体組成計モデルは対象年齢が18歳以上なので子供の体重以外にも体脂肪率を測りたい人は子供に対応したモデルを選択するようにしましょう。

 

お勧めの体組成計6選

これから6つのお勧めの体組成計を紹介していきます。ちなみに表示されているのはAmazonの表示価格で2018年時点の数字です。

 

1.タニタ 体組成計 BC-810

タニタ 体組成計 BC-810

 

Amazonでの販売価格は12,363円

 

測定項目と登録人数についてはタニタが販売している商品の中では標準的なモデルです。

 

この他にも安価に購入できるタニタ製の体組成計は存在しますが他メーカーとさほど違いはないのでここではこの商品を紹介します。

 

大きいモニタに表示されるアイコン、メッセージが特徴で文字高については28 mmと35mmより選択出来ます。どちらを選んでも立った姿勢で見ることが可能な大きめのサイズです。

 

体重を測る人の体型をイラストが表示される、体重の推移をグラフで表示、体重計に乗った日ををカレンダー形式で表示するとかなり高機能な商品です。

 

体脂肪率、筋肉量は6歳の子供から対応してくれるのでお子さんがいる家庭にお勧めです。

 

内臓脂肪レベルは「1.0から59.0」を0.5レベル単位で表示されるので、体重の変化が分かりやすいのが魅力です。毎日体重計でチェックする習慣を付けたい人には最適の体組成計ですね。

 

2.パナソニック 体組成計 EW-FA13

パナソニック 体組成計 EW-FA13

 

Amazonでの販売価格は2,127円

 

パナソニックから販売されている体組成計の中で一番人気の商品です。 内臓脂肪レベルは当然として女性が特に気になる皮下脂肪率が表示される仕組みです。

 

また減量目標を設定することが出来、前回、1、2、3週間前、さらには1、2、3、6、12ヶ月前の体重と比べられるのが魅力です。あと自動認識機能が搭載されています。

 

カラーはライトピンク、ビビットピンク、ホワイトと女性向きのカラーバリエーションとなっていてダイエットを目指す女性に特化した商品です。

 

3.オムロン 体重体組成計 HBF-701 カラダスキャン

オムロン 体重体組成計 HBF-701 カラダスキャン

 

Amazonでの販売価格は7,820円

 

この商品は両手両足を乗せて計測するタイプの体組成計なのが特徴です。

 

両手両足により計測する商品は体型の変化、体内水分の日内変動などの影響が出やすく、毎日同じ時間に測ることが出来ない人にお勧めです。

 

体のパーツ毎の骨格筋率、皮下脂肪率を記録することが出来るので、各部分毎にダイエットの状況が分かるMyダイエット機能、さらには体格、性別、年齢が同程度の人と5段階で比較することが可能なポジショニングチェックなどの独自の機能が搭載されています。

 

脚痩せを目指したい人、同世代の人と比較したい人にはイチオシの商品です。

 

4.エレコム HELLO体組成計 HCS-RFS01

エレコム HELLO体組成計 HCS-RFS01

 

Amazonでの販売価格は2,980円

 

測定項目に関しては他メーカーの体組成計と比較してさほど違いはありませんが、注目して欲しい点がその精度です。

 

この商品は50g単位で体重の変化、内臓脂肪レベルに関しては30段階で表示されます。この価格帯の商品ならほとんどが100g単位、内臓脂肪レベルも9もしくは10段階が一般的です。

 

だから意識して内臓脂肪を落としたい人、内臓脂肪の変化をチェックしたい人にお勧めしたい商品です。

 

残念ですが計測データをその場でアプリと自動連係する機能は搭載されていません。

 

ですが計測したデータの記録、管理の為に専用アプリをインストール可能です。

 

自身で体重、体脂肪率を入力しなくてはいけませんが記録データはグラフで表示されるのでとても分かりやすいのが特徴です。

 

5.ドリテック 体組成計 BS-244

ドリテック 体組成計 BS-244

 

Amazonでの販売価格は2,670円

 

測定可能な項目、機能共にさほど目新しいモノはありません。だけどドリテック製はとても安価で個性的なデザインが可愛いので評価が高いです。

 

出来るだけ安価に体組成計を購入したい人にはドリテック製がお勧めです。

 

価格は手頃ですが体重表示は50g単位、登録人数は5人、乗れば登録している人を判別する自動認識機能が搭載されていて、シンプルですが意外とハイスペックなのが特徴です。

 

軽量化されていて正しく計測しないと誤差が生じるといったデメリットがありますが、コスパを考慮すれば高品質の商品です。

 

6.タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-800

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-800

 

Amazonでの販売価格は50,446円

 

最後に紹介する商品は内臓脂肪が気になりだした人向けの商品ではなく最も優れた家庭用体組成計です。

 

機能制を追求するとこんな商品があると言えます。タニタが今まで培ってきた測定技術を全て詰め込んだ超高機能体組成計です。

 

他の商品と異なる点は多々ありますが、最初に体のパーツ別に測定が可能な26の測定項目を挙げられます。さらに高周波、低周波で非常に正確な体脂肪率と筋肉量が計測出来ます。

 

あとは筋肉の質に点数を表示する筋質点数は世界初です。

 

測定したデータに関しては専用アプリに自動連携されていて保存も可能です。いつでも確認することが出来るのでとても便利です。

 

それ以外にも様々な機能が搭載されていますが普通に内臓脂肪を測れればいいという人にはお勧めできません。

 

毎週ジムを利用している人にはジムと同程度の測定器レベルで細かく表示されるからお勧めできます。

 

左右の筋肉の付き方の偏りも知ることが出来るので、毎日のトレーニングに役に立ちます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

内臓脂肪を減らす運動
内臓脂肪を減らすために一番手っ取り早いのは運動ですが、何をやればいいか困っている人は多いと思います。そこで、このページでは内臓脂肪ダイエットに成功した私がおすすめの運動をご紹介します。
内臓脂肪レベルとは?
内臓脂肪について調べると、真っ先に「内臓脂肪レベル」という言葉にぶつかると思います。でも、知識のない人からするとちんぷんかんぷんですよね。そこで、このページでは内臓脂肪レベルの意味や男女別の数値について説明します。
内臓脂肪を落としやすい食事方法
ダイエットの基本は食事と運動ですが、ただ漠然とやるより効率よくやった方が結果が出やすいのは言うまでもありません。ここでは知ってそうで意外と知られてない、内臓脂肪を落としやすい食事方法のコツをご紹介します。
内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物
ダイエットをする上でカロリーの低い食べ物を意識することは誰もが知っていますが、では内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物はどうでしょうか?知らない人がほとんどだと思います。そこで、このページでは内臓脂肪に悩んでいる人におすすめいしたい食べ物をご紹介します。
内臓脂肪に効く筋トレ
内臓脂肪を落とすには筋トレが最適なのは言うまでもありませんが、ただ闇雲にやればいいというわけではありません。このページでは私がやった内臓脂肪を減らすのに効果的な筋トレを5つご紹介します。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
ダイエットに励んでいる人は沢山いますが、内臓脂肪と皮下脂肪の違いをきちんと正確に理解している人は意外と少ないもの。このページではその二つの違いについて、分かりやすく説明します。
内蔵脂肪にお勧めの飲み物
内臓脂肪が気になる人は食事には気を使っていると思いますが、普段口にするちょっとした飲み物は軽視しがちです。自販機のコーヒーやコーラでも塵も積もれば山となります。このページではそんな内臓脂肪を減らしたい人におすすめしたい飲み物をご紹介します。
内臓脂肪が健康に良くない理由
内臓脂肪が健康によくない理由をはっきり知っている人は意外と少ないものです。病気になりやすいとか、見た目がよくないとか、漠然とは答えられても正確に知っている人はほとんどいません。そこでこのページでは内臓脂肪がもたらす悪影響について解説します。