内臓脂肪が健康に良くないワケ

内臓脂肪が健康に良くない2つのワケ

平成16年度に厚生労働省が発表した『国民健康・栄養調査の報告書』によると、40歳〜74歳では男性の2 人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の可能性が高い、もしくは予備軍という結果が出ました。

 

最近の報告書でもこの数値はさほど変化していません。40歳〜74歳男性の51.5%、女性は20%がメタボ、もしくはメタボ予備軍です。これはかなり高い数値で、特に男性の場合は内臓脂肪型肥満は他人事ではありません。

 

そこで、このページでは内臓脂肪が良くない理由を解説します。

 

1.内臓脂肪には悪玉物質を分泌する作用がある

内臓脂肪には悪玉物質と善玉物質の両方を分泌する働きがありますが、内臓脂肪が増加すると悪玉の分泌量が増えてしまいます。

 

内臓脂肪がダメと言われる理由は肥満体型になることと体重増加だけではありません。真の犯人はこの悪玉物質の分泌にあるんです。

 

<代表的な悪玉物質>

TNF-α

糖の働きを抑えて血糖値が上がることにより糖尿病や関節リウマチといった病気の原因となります。

 

アンジオテンシノーゲン

アンジオテンシノーゲンには血圧を上げる働きがあり、高血圧の原因となります。

 

PAI-1

PAI-1には血液を凝固する働きがあるから脳血栓、心筋梗塞のリスクが上がります。

 

2.内臓脂肪はいろいろな病気の原因にもなる

色々な病気

 

実は、内臓脂肪が増えてもそれがすぐに人体に悪影響を及ぼすというわけではありません。男性はウエストが基準値の85cm、女性は90cmを超えただけですぐ病気になるんじゃないです。

 

しかし、内臓脂肪型肥満の人は糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、通風、脂肪肝などのリスクが飛躍的に高まります。

 

厄介なのは、それらの症状は複数、同時多発的に起こるという点。1つづつ小さく起きる程度なら対処は可能ですが、複数まとまって発生となると話は別です。
血管、内臓への負担が大きくなり、その内の1つが治療が必要な程度に悪化すれば悪循環に陥り他の複数の病気も一気に悪化してしまいます。

 

そうならないために、健康診断で「メタボリックシンドローム」「予備軍」「内臓脂肪型肥満」と診断された人や、ウエストサイズが基準値をオーバーしている人はウエストサイズを5cmダウンを目指してみて下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

内臓脂肪を減らす運動
内臓脂肪を減らすために一番手っ取り早いのは運動ですが、何をやればいいか困っている人は多いと思います。そこで、このページでは内臓脂肪ダイエットに成功した私がおすすめの運動をご紹介します。
内臓脂肪レベルとは?
内臓脂肪について調べると、真っ先に「内臓脂肪レベル」という言葉にぶつかると思います。でも、知識のない人からするとちんぷんかんぷんですよね。そこで、このページでは内臓脂肪レベルの意味や男女別の数値について説明します。
内臓脂肪を落としやすい食事方法
ダイエットの基本は食事と運動ですが、ただ漠然とやるより効率よくやった方が結果が出やすいのは言うまでもありません。ここでは知ってそうで意外と知られてない、内臓脂肪を落としやすい食事方法のコツをご紹介します。
内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物
ダイエットをする上でカロリーの低い食べ物を意識することは誰もが知っていますが、では内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物はどうでしょうか?知らない人がほとんどだと思います。そこで、このページでは内臓脂肪に悩んでいる人におすすめいしたい食べ物をご紹介します。
内臓脂肪に効く筋トレ
内臓脂肪を落とすには筋トレが最適なのは言うまでもありませんが、ただ闇雲にやればいいというわけではありません。このページでは私がやった内臓脂肪を減らすのに効果的な筋トレを5つご紹介します。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
ダイエットに励んでいる人は沢山いますが、内臓脂肪と皮下脂肪の違いをきちんと正確に理解している人は意外と少ないもの。このページではその二つの違いについて、分かりやすく説明します。
内蔵脂肪にお勧めの飲み物
内臓脂肪が気になる人は食事には気を使っていると思いますが、普段口にするちょっとした飲み物は軽視しがちです。自販機のコーヒーやコーラでも塵も積もれば山となります。このページではそんな内臓脂肪を減らしたい人におすすめしたい飲み物をご紹介します。
内臓脂肪測定にお勧めの体組成計
内臓脂肪は基本的に体重計に乗るだけでは測れません。厳密にやるなら病院でしっかり検査してもらわなければいけませんが、今は専用の体組成計でもかなり正確な数値が分かるようになってきました。そこで、このページでは内臓脂肪を測定するのに役立つ体組成計6つをご紹介します。