内臓脂肪を落としやすい食事方法

内臓脂肪を落としやすい食事方法のコツ

ダイエット目的の運動は多くの人がやっています。でも、ただがむしゃらにやるよりきちんと運動生理学に基づく効果的な運動をやったほうが痩せやすいのは言うまでもありませんよね。

 

食事についても同様です。

 

「カロリーの低いものを食べる」とか「就寝3時間前は食べ物を口にしない」とか色々ありますが、実際あなたはどれくらいダイエットにおける食事のコツをご存知でしょうか?

 

このページでは、内臓脂肪を減らしたい人にぜひ知っておいてほしい、食事方法のコツについて私なりにまとめました。

 

食事をする際に注意すべき2つポイント

1.空腹を感じる時間帯を意識的に作る

朝、昼、晩

 

いきなりですが、質問です。

 

あなたは最近お腹がグーグー鳴る空腹を感じてますか?

 

感じている人は大丈夫。全然感じてない人はちょっとヤバいかもしれません。

 

その理由を説明します。

 

胃の中はカラッポな状態にすると消化機能の回復を助けることが出来ます。胃が空っぽな状態だと強い収縮運動が行われるので、その運動によって胃腸がキレイになるんです。

 

反対に常時胃に食べ物がある状態では強収縮は行われないので消化機能が低下してしまい便秘になるリスクが高まります。

 

便秘になると内臓脂肪が蓄積されやすくなります。さらに内臓脂肪が蓄積されると腸は圧迫されてしまうので慢性便秘症を引き起こす原因となります。

 

つまり、悪循環に陥ってしまうんです。

 

だから「最近全然空腹を感じてないな〜」という人は、1度の食事量を減らしてみたり、間食を控えるようにして、空腹状態を持つ習慣を意識してみて下さい。

 

もっとも、飢餓状態になるくらい食事をしないと今度は基礎代謝が低下する恐れがあるので、運動をしてバランスよく続けることが重要です。

 

2.炭水化物は冷やして摂取する

冷蔵庫

(※我が家の冷蔵庫)

 

炭水化物といえばダイエットの敵ですが、それでも食べたくなるのが人情というもの。

 

そこでお勧めしたいのが炭水化物を摂取する際は冷やすという方法です。炭水化物って冷やすと糖として吸収されにくくなるからです。

 

冷やして消化されにくい状態のでんぷんをレジスタントスターチと呼びます。レジスタントスターチはエネルギーとして吸収されないという性質があります。

 

そしてなんと!摂取カロリーを半分程度にすることが出来るんです。さらにレジスタントスターチは他にも腸内環境を良くする整腸作用も期待できるオマケ付き。

 

普段口にしている炭水化物を冷たくするだけでこんな効果が得られるんですから。やらなきゃ損ですよね。可能なら小麦粉を多く含むパン、パスタは控えて、白米、ポテトサラダを冷蔵庫で冷たくしてから摂取するといいでしょう。

 

▲レジスタントスターチを増加させて摂取する利点

レジスタントスターチには色々な作用があるので、ちょっと掘り下げて説明します。

 

摂取カロリーを抑制する効果

でんぷんから摂取できるカロリーは通常1gあたり4kcalです。食物繊維みたいに大腸まで届いて腸内細菌によって発酵される時のカロリーは1gあたり最大で2kcalと言われています。ですがレジスタントスターチを増やすことでカロリーを抑制できます。

 

糖尿病を予防する効果

レジスタントスターチは吸収されにくいため、デンプンと比較して血糖値は上がりにくいという性質があります。ですからレジスタントスターチを沢山含んでいる食品を摂取すれば糖尿病といった生活習慣病を未然に予防することができます。

 

腸を整える効果

上でも書きましたが、レジスタントスターチは大腸に届いてから腸内細菌により分解が行わます。そしてヨーグルトでお馴染みのビフィズス菌に変化して結果的に腸を整えてくれる効果があるんです。

 

満腹感の持続

レジスタントスターチには食物繊維と同じ効果があって、腸内で水分を吸い膨らむため満腹感を持続することが出来ます。少量でも腹持ちがいいので結果的に間食、過食を予防することが出来るのが魅力です。

 

▲レジスタントスターチの摂取方法

1.炭水化物を冷やす

炭水化物は温めず冷やすこと。これがレジスタントスターチを摂取する一番手軽な方法です。粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やしてみて下さい。

 

またジャガイモは冷蔵庫で冷やすとレジスタントスターチが増加しやすい食べ物なので、個人的にはポテトサラダがベストだと思います。

 

ポテトサラダ

 

2.レジスタントスターチを多く含む炭水化物を選ぶ

残念ですが炭水化物であればどれも冷やせば劇的にレジスタントスターチが増加するって訳ではありません。

 

ジャガイモみたいに冷蔵庫で冷やすことでレジスタントスターチが増加しやすい食べ物もありますが、そうでない食品もあります。

 

ちなみにご飯の場合はタイ米がレジスタントスターチを多く含んでいるのでお勧めです。

 

ただし過剰摂取はNGなので食事量は十分に注意して下さい。そして炭水化物を摂取する時にはレジスタントスターチの効果を活用するように心がけるといいでしょう。

 

3.しっかりと咀嚼する

一口30回が咀嚼する回数の目安です。慣れるまでは回数が多いと思うかもしれませんが、そうすることで少量でも満腹感を得ることが出来ます。さらにしっかり咀嚼することで代謝のアップ、脂肪燃焼効果があります。

 

あときちんと咀嚼することで胃腸への負担が減ることもメリットですね。消化器官に負担がかかると摂取した食べ物が脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。ですがら1口30回噛む事を習慣にしたら食事制限、運動によるダイエットの効果が出やすくなります。

 

食事で意識したいポイントは2つだけ!!!

  1. 空腹の時間を意識的に作る
  2. 炭水化物は冷やして食べる

 

食事で絶対に意識したいのは以上の二点です。厳密にいえば抑えておきたいポイントはもっと沢山あるのですが、それはまた別のページで追々説明します。

 

今まで食事のことなんて全然意識してこなかった人は、是非こn2つのポイントを意識してみてください! これだけでも結構変わるもんですよ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

内臓脂肪を減らす運動
内臓脂肪を減らすために一番手っ取り早いのは運動ですが、何をやればいいか困っている人は多いと思います。そこで、このページでは内臓脂肪ダイエットに成功した私がおすすめの運動をご紹介します。
内臓脂肪レベルとは?
内臓脂肪について調べると、真っ先に「内臓脂肪レベル」という言葉にぶつかると思います。でも、知識のない人からするとちんぷんかんぷんですよね。そこで、このページでは内臓脂肪レベルの意味や男女別の数値について説明します。
内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物
ダイエットをする上でカロリーの低い食べ物を意識することは誰もが知っていますが、では内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物はどうでしょうか?知らない人がほとんどだと思います。そこで、このページでは内臓脂肪に悩んでいる人におすすめいしたい食べ物をご紹介します。
内臓脂肪に効く筋トレ
内臓脂肪を落とすには筋トレが最適なのは言うまでもありませんが、ただ闇雲にやればいいというわけではありません。このページでは私がやった内臓脂肪を減らすのに効果的な筋トレを5つご紹介します。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
ダイエットに励んでいる人は沢山いますが、内臓脂肪と皮下脂肪の違いをきちんと正確に理解している人は意外と少ないもの。このページではその二つの違いについて、分かりやすく説明します。
内蔵脂肪にお勧めの飲み物
内臓脂肪が気になる人は食事には気を使っていると思いますが、普段口にするちょっとした飲み物は軽視しがちです。自販機のコーヒーやコーラでも塵も積もれば山となります。このページではそんな内臓脂肪を減らしたい人におすすめしたい飲み物をご紹介します。
内臓脂肪測定にお勧めの体組成計
内臓脂肪は基本的に体重計に乗るだけでは測れません。厳密にやるなら病院でしっかり検査してもらわなければいけませんが、今は専用の体組成計でもかなり正確な数値が分かるようになってきました。そこで、このページでは内臓脂肪を測定するのに役立つ体組成計6つをご紹介します。
内臓脂肪が健康に良くない理由
内臓脂肪が健康によくない理由をはっきり知っている人は意外と少ないものです。病気になりやすいとか、見た目がよくないとか、漠然とは答えられても正確に知っている人はほとんどいません。そこでこのページでは内臓脂肪がもたらす悪影響について解説します。