内臓脂肪に効く筋トレ

内臓脂肪を落とす為にお勧めの5つの筋トレ

人間の体は運動したら多くのカロリーが消費されますが、それに加えて基礎代謝と言われる「生きるだけで消費されるカロリー」もあります。そして基礎代謝は1日に消費するカロリーの70%程にもなります。

 

基礎代謝の中で最も多いのが筋肉によって消費されるカロリーです。ですから筋肉モリモリのマッチョな人は沢山食べてもどんどんエネルギーが消費されていくので痩せやすい体質といえます。

 

さらに筋肉の中でもインナーマッスルと呼ばれる部位は鍛えることで下がった内臓を定位置に戻すことが出来ます。これをすると目が引き締まって見えますし、内臓がきちんと機能するようになるので、これまた痩せやすくなります。

 

ここでは、誰でもすぐ簡単に始められる5つの筋トレを紹介します。

 

1.ドローイン

ドローインは正しい姿勢を保ち呼吸をしてお腹を引っ込める方法で腹部周辺のインナーマッスルを鍛える筋トレです。立ち姿勢だと崩れやすいから最初は横になり、正しい姿勢、筋肉の動きをマスターすることをお勧めします。

  1. 足を腰幅くらい開いて膝を立て、仰向けになる
  2. 腰の下にタオルを置いて腰は反らない様に意識する
  3. ヘソの上にもタオルを乗せる
  4. 掌は上向きで腕は床につける
  5. しっかり息を吐きへそを背中に近づけるイメージで腹部を凹ます
  6. 4つ数えて凹ました後にゆっくりと戻す
  7. 5回を2セット毎日行って下さい

立ち姿勢でローインをする場合には姿勢がポイントです。最初は横に寝て正しい姿勢を覚えてから立った状態をチャレンジするといいでしょう。

 

 

2.クランチ

腹筋の基本の1つで、意識しないで腹筋をすると表面部分の筋肉を鍛えることになりますが、じっくり正しい姿勢でするとインナーマッスルが鍛えられます。

  1. 足は90度に曲げて仰向けになる
  2. 両手を頭部に置く
  3. 腰は床につけた状態で上半身をゆっくり起こす
  4. 上半身を上げる際にはへそを見るイメージで

 

 

3.スクワット

下半身の筋肉を鍛える筋トレ方法で代謝を高める、ダイエット目的に最適のトレーニングと言えます。ただ足腰を痛めないように正しい姿勢を意識して行うことが重要です。

  1. 両足を肩幅くらいに開いてつま先は真っすぐ前に向ける
  2. 両手は真っすぐ前に伸ばして下さい
  3. 股関節から後ろに曲げるイメージで姿勢を落とします ※落とす時に膝はつま先より前に出ないように注意
  4. 地面と太ももは平行にして姿勢をあげましょう

 

4.プランク

プランクとは全身のインナーマッスルを鍛えるトレーニング方法の一種で、プランクの中にもさらに細かく分けることが可能ですがプランクとのみ言う時にはフロントブリッジを意味すると思って下さい。

  1. 肘、つま先は肩幅くらいに開いてうつ伏せの姿勢で横になる
  2. 肘とつま先を支点に床と平行になるイメージで体を持ちあげていきます
  3. 持ち上げた姿勢を維持して下さい

 

維持する時間は30秒くらいが目安でそれを3セットして下さい。慣れたら時間を長くしてみましょう。
続けて行うのではなく無理をしないで1セットしたら休憩をとることをお勧めします。

 

 

5.ニートゥチェスト

ニートゥチェストとは体幹と腹筋、インナーマッスルを鍛える為のトレーニング方法です。腹部周辺の筋肉を重点的に鍛えることが出来るので積極的に行うようにしましょう。

  1. 腕は後ろについて床に座って下さい
  2. 足を浮かせて、膝を曲げて胸に近づいて今後は時間をかけて戻していきます
  3. それを5回行うトレーニングを3セットしましょう

このトレーニングはゆっくり筋肉を鍛えることでインナーマッスルに刺激を与えることが出来ます。より効果的にするには1セット終わった後にきちんと休憩をすることをお勧めします。

 

 

筋トレで効率よく脂肪燃焼をする為の4つのポイント

1.疲労回復の為に休憩はきちんととる

インナーマッスルを鍛える為に筋トレ方法はきちんとインターバルをとって体を休めてからトレーニングを続けることで効果をアップすることが出来ます。

 

そしてサイクルは週3回から5回と継続することが大切です。

 

2.サプリメント、プロテインを上手に活用

運動をする30分前にアミノ酸サプリを摂取して、トレーニング終了後にはプロテインを摂ることにより筋トレの効率は良くなります。

 

きちんと意識して筋トレを行っている場合はサプリメントを上手に活用してより効果的に運動することをお勧めします。

 

3.水分はしっかりと摂取する

水分不足だとせっかくトレーニングをしても効果は半減してしまいます。だから水分不足の状態で代謝が低下したまま筋トレをしないようにしましょう。

 

トレーニング前とトレーニング中はマメに水分補給をすることがポイントです。

 

4.筋トレ後は有酸素運動をしよう

筋トレをした後は成長ホルモンの分泌量が増加します。

 

成長ホルモンとは脂肪分解をサポートする作用があるので筋トレ後に脂肪燃焼効果が高い有酸素運動をすることで効果的に脂肪を落とすことが出来ます。

 

時間がある人は筋トレをしてからランニングといった有酸素運動を行ってみて下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

内臓脂肪を減らす運動
内臓脂肪を減らすために一番手っ取り早いのは運動ですが、何をやればいいか困っている人は多いと思います。そこで、このページでは内臓脂肪ダイエットに成功した私がおすすめの運動をご紹介します。
内臓脂肪レベルとは?
内臓脂肪について調べると、真っ先に「内臓脂肪レベル」という言葉にぶつかると思います。でも、知識のない人からするとちんぷんかんぷんですよね。そこで、このページでは内臓脂肪レベルの意味や男女別の数値について説明します。
内臓脂肪を落としやすい食事方法
ダイエットの基本は食事と運動ですが、ただ漠然とやるより効率よくやった方が結果が出やすいのは言うまでもありません。ここでは知ってそうで意外と知られてない、内臓脂肪を落としやすい食事方法のコツをご紹介します。
内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物
ダイエットをする上でカロリーの低い食べ物を意識することは誰もが知っていますが、では内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物はどうでしょうか?知らない人がほとんどだと思います。そこで、このページでは内臓脂肪に悩んでいる人におすすめいしたい食べ物をご紹介します。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
ダイエットに励んでいる人は沢山いますが、内臓脂肪と皮下脂肪の違いをきちんと正確に理解している人は意外と少ないもの。このページではその二つの違いについて、分かりやすく説明します。
内蔵脂肪にお勧めの飲み物
内臓脂肪が気になる人は食事には気を使っていると思いますが、普段口にするちょっとした飲み物は軽視しがちです。自販機のコーヒーやコーラでも塵も積もれば山となります。このページではそんな内臓脂肪を減らしたい人におすすめしたい飲み物をご紹介します。
内臓脂肪測定にお勧めの体組成計
内臓脂肪は基本的に体重計に乗るだけでは測れません。厳密にやるなら病院でしっかり検査してもらわなければいけませんが、今は専用の体組成計でもかなり正確な数値が分かるようになってきました。そこで、このページでは内臓脂肪を測定するのに役立つ体組成計6つをご紹介します。
内臓脂肪が健康に良くない理由
内臓脂肪が健康によくない理由をはっきり知っている人は意外と少ないものです。病気になりやすいとか、見た目がよくないとか、漠然とは答えられても正確に知っている人はほとんどいません。そこでこのページでは内臓脂肪がもたらす悪影響について解説します。