市販薬で内臓脂肪は減る?

市販薬で内臓脂肪は減らせないか

当サイトで何度も説明しているように、内臓脂肪が体内に蓄積されてしまうと、コレステロールや中性脂肪、血糖値が平均値以上に高くなり、様々な生活習慣病の要因となります。

 

よく成人男性でポッコリしたお腹をしている人がいますが、それはまさに内臓脂肪が溜まっている証拠です。

 

本人は「最近太ちゃって〜」と笑い話のタネにしているケースが多いのですが、本来はもっと深刻に捉えるべきでしょう。

 

 

近年ではメタボリックシンドロームという言葉もすっかり定着しました。

 

内臓脂肪の量・状態を実際にを調べようと思ったらCTスキャンを活用した専門的な検査が必要です。

 

もし会社で健康診断を受けている人はダイエットをすすめられる場合もあります。その時点で早めに自分の健康を労わりたいものです。

 

しかし、数値的に悪い結果が出ていなくとも「自分はメタボ、もしくはメタボ予備軍ではないか・・・」と不安を抱えている人は世の中多いと思います。

 

既に別ページでも説明しましたが、「溜まりやすいけどその分、分解も早い」のが内臓脂肪です。

 

そのため食事制限と有酸素運動をきちんと行えば、比較的早く効果を実感できるという特徴があります。

 

簡単なようで、食事制限や有酸素運動を続けることは大変ですよね。 何か簡単に内臓脂肪が減る方法はないものか・・・と思ってしまいます。

 

最近は内臓脂肪の減らす効果を謳った薬も多く出ています。 果たして効果はあるのでしょうか?

 

ここでは、内臓脂肪に効果があると言われているナイシトールとラクトフェリンの効果について説明しています。

 

ナイシトールの内臓脂肪への効果

ナイシトール

 

内臓脂肪を減らす薬の中でもナイシトールは有名ですよね。 CMなどでもよく目にします。 漢方薬の一種ですね。

 

「お腹の内側の脂肪に」と強調していますが、内臓脂肪に必ずしも効果があるわけではないようです。 どちらかというと皮下脂肪への働きの方が大きいとまでいいます。

 

ただし、だからといってナイシトールが内臓脂肪には全く駄目、というわけでもありません。 肥満気味の人は腹部に脂肪が溜まっています。

 

それによって便秘やむくみ、高血圧など様々な症状を引き起こします。

 

皮下脂肪から減らしていくことによって、それらの改善に繋がり、基礎代謝が上がることが考えられます。

 

しかし、ナイシトールを飲むだけでメタボリックシンドロームの改善にはなりません。

 

長く続けて服用しながら食事のバランスを整え、適度な運動を行う必要があります。

 

ラクトフェリンの内臓脂肪への効果

ラクトフェリン

 

最近は、ラクトフェリンが内臓脂肪に効果があるという話を良く聞きます。

 

ラクトフェリンはヨーグルトなどに含まれる成分で、整腸効果などがあります。ラクトフェリンを摂取すると腸内の善玉菌が増え、腸の中に溜まっていた毒素を排泄できるようになります。

 

毒素を腸内で分解して体に蓄積することを防いでくれるわけです。

 

便秘などによってお腹がポッコリ出ている人は効果があるように感じられると思います。

 

しかし、お腹が少しヘコんだからと言って、内臓脂肪が減ったとは限りません。

 

腸の働きが活発になることによって内臓全体の働きがスムーズになります。

 

エネルギーを燃焼しやすい体が出来たところで有酸素運動を継続して行うことによって内臓脂肪の燃焼につながります。

 

薬の使用をする時は、薬で内臓脂肪を減らそうと考えず、ダイエットの効果を上げる補助的な役割と考えた方が良さそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

食事と運動について
様々な病気の引き金になり百害あって一利なしの内臓脂肪。何かと誘惑の多い現代ではこの内臓脂肪といかに付き合っていくかが重要です。ここではそんな内装脂肪を減らす方法について解説します。
内臓脂肪の燃焼について
内臓脂肪も脂肪の一つですからそれを減らすには運動や食事制限などで燃焼させることが肝要です。しかし、脂肪の燃焼とは一体どういうことなのでしょうか。ここでは知ってそうで意外と知られていない内臓脂肪の燃焼について説明します。
内臓脂肪率について
内臓脂肪というと、ついついその量ばかり注目してしまいますが、体の大きさによって変動するのは当然です。大柄な人なら多くても許容範囲内ということも多いですし、小柄であれば少なくてもアウトなこともしばしば。ここでは意外と見落としがちな内臓脂肪率についてみていきます。
漢方で内臓脂肪は減る?
西洋医学・東洋医学問わず、古くから内臓脂肪の問題は世界広くで問題となっていました。ここではそんな医学の中でも近年特に注目を集めている東洋医学における漢方について解説します。
内臓脂肪ダイエットの方法
内臓脂肪を減らすにはダイエットが一番効果的なわけですが、ただがむしゃらにダイエットに励んでも望むような効果を得ることは中々難しいのが現状です。ここでは効果的なお腹まわりの肉を減らすダイエット方法について解説します。
内臓脂肪への入浴の効果
毎日沢山運動して汗をかくのはダイエットだけでなく健康面で推奨されていますが、忙しい現代人にとって運動をしゃかりきに頑張るのも難しいですよね。そこで、ここでは運動以外で汗をかく方法として有効な入浴について解説します。
ダイエットを諦めない秘訣
ダイエットは世の中の多くの女性にとって悩みの種ですが、病気や疾患のリスクを恐れている中高年のおじさんにとっても同様に頭の痛い問題です。もし、色々頑張ってみたものの解決策が思いつかないという場合もあります。そんなときのために、ここではダイエットを諦めない秘訣をご紹介します。
計るだけダイエット
当たり前の話ですが、ダイエットは1日、2日やっただけで結果が出るものではありません。しかし継続するのは中々難しいもの。そこで、ここでは体重を計るだけでOKな計るだけダイエットを紹介します。