1. ホーム
  2. 内臓脂肪のコラム
  3. ≫内臓脂肪と皮下脂肪の違い 内臓脂肪が多いとダメな理由

内臓脂肪と皮下脂肪の違い 内臓脂肪が多いとダメな理由

肥満体形であるかどうかのバロメーターは体脂肪率です。そして体脂肪は大別して皮下脂肪、内臓脂肪とがあります。

ここでは、案外知らない皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて説明していきます。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

皮下脂肪は皮膚の下に付く

皮下脂肪は「皮膚の下につく脂肪」で女性に付きやすい脂肪です。

男性と異なり女性は筋肉がなかなか付かないので、その分体温は低下する傾向があります。そして皮下脂肪には体温が外に逃げるのを防ぐ働きがあり、さらに妊娠中はクッションの役割を担っています。

内臓脂肪は内臓の周囲に付く

内臓脂肪は言葉のままで「内臓周辺に付く脂肪」です。内臓脂肪は蓄積されやすい反面、落としやすい特徴があり、短期的にエネルギーを蓄積する役割を担っています。

ただ内臓脂肪があまり増えると糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。さらに悪化すると心筋梗塞、脳梗塞といった病気の原因となるので注意が必要です。

内臓脂肪は短期的にエネルギーを貯めるといった性質があるので、筋肉量が多いのでエネルギーが沢山必要な男性の方が溜め込みやすい傾向があります。

ちなみにメタボリックシンドロームと診断される基準はウェスト周囲径が男性の場合は85cm以上で女性の場合は90cm以上の人です。

体格が小柄な筈の女性が基準値が大きいことも男性の方が内臓脂肪が付きやすいことが分かりますね。

まとめると、以下の図のようになります。

皮下脂肪と内臓脂肪皮下脂肪と内臓脂肪

※内臓脂肪は意識して落とす必要がある

皮下脂肪は女性の場合はとても重要な脂肪です。あまり増加し過ぎると体重も増えてしまい腰痛、関節痛の原因となり、高血圧、糖尿病などの病気を引き起こします。

あと内臓脂肪が増えると様々な異常を一気に併発する恐れがあり危険性が高いです。体脂肪率、生活習慣病が気になるようになったらまず内臓脂肪を落とすように心がけましょう。

運動と食事が内臓脂肪を落とす為のポイント

「内臓脂肪が増える=太る」主な原因として暴飲暴食により余計なカロリーを摂取してしまうことが挙げられます。加齢により少しづつ基礎代謝は低下していきます。

なのに若い時と比較してお金があるので贅沢な食事をして、疲れるからと運動をしないと当然脂肪が付いてしまいます。

だから筋トレ、ウォーキングといった有酸素運動により脂肪を燃焼する必要があります。さらに毎日の食生活を見直して糖質と脂質を抑制してバランスのいい食事をするようにして下さい。

シェアをお願いします。