内臓脂肪と皮下脂肪の違い 内臓脂肪が増加するとどうしてリスクが高まる?

内臓脂肪と皮下脂肪の違い 内臓脂肪が多いとダメな理由

肥満体形であるかどうかのバロメーターは体脂肪率です。そして体脂肪は大別して皮下脂肪、内臓脂肪とがあります。

 

ここでは、案外知らない皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて説明していきます。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

皮下脂肪は皮膚の下に付く

皮下脂肪は「皮膚の下につく脂肪」で女性に付きやすい脂肪です。

 

男性と異なり女性は筋肉がなかなか付かないので、その分体温は低下する傾向があります。そして皮下脂肪には体温が外に逃げるのを防ぐ働きがあり、さらに妊娠中はクッションの役割を担っています。

 

内臓脂肪は内臓の周囲に付く

内臓脂肪は言葉のままで「内臓周辺に付く脂肪」です。内臓脂肪は蓄積されやすい反面、落としやすい特徴があり、短期的にエネルギーを蓄積する役割を担っています。

 

ただ内臓脂肪があまり増えると糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。さらに悪化すると心筋梗塞、脳梗塞といった病気の原因となるので注意が必要です。

 

内臓脂肪は短期的にエネルギーを貯めるといった性質があるので、筋肉量が多いのでエネルギーが沢山必要な男性の方が溜め込みやすい傾向があります。

 

ちなみにメタボリックシンドロームと診断される基準はウェスト周囲径が男性の場合は85cm以上で女性の場合は90cm以上の人です。

 

体格が小柄な筈の女性が基準値が大きいことも男性の方が内臓脂肪が付きやすいことが分かりますね。

 

まとめると、以下の図のようになります。

 

皮下脂肪と内臓脂肪

 

※内臓脂肪は意識して落とす必要がある

皮下脂肪は女性の場合はとても重要な脂肪です。あまり増加し過ぎると体重も増えてしまい腰痛、関節痛の原因となり、高血圧、糖尿病などの病気を引き起こします。

 

あと内臓脂肪が増えると様々な異常を一気に併発する恐れがあり危険性が高いです。体脂肪率、生活習慣病が気になるようになったらまず内臓脂肪を落とすように心がけましょう。

 

運動と食事が内臓脂肪を落とす為のポイント

「内臓脂肪が増える=太る」主な原因として暴飲暴食により余計なカロリーを摂取してしまうことが挙げられます。加齢により少しづつ基礎代謝は低下していきます。

 

なのに若い時と比較してお金があるので贅沢な食事をして、疲れるからと運動をしないと当然脂肪が付いてしまいます。

 

だから筋トレ、ウォーキングといった有酸素運動により脂肪を燃焼する必要があります。さらに毎日の食生活を見直して糖質と脂質を抑制してバランスのいい食事をするようにして下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com

関連するページ

内臓脂肪を減らす運動
内臓脂肪を減らすために一番手っ取り早いのは運動ですが、何をやればいいか困っている人は多いと思います。そこで、このページでは内臓脂肪ダイエットに成功した私がおすすめの運動をご紹介します。
内臓脂肪レベルとは?
内臓脂肪について調べると、真っ先に「内臓脂肪レベル」という言葉にぶつかると思います。でも、知識のない人からするとちんぷんかんぷんですよね。そこで、このページでは内臓脂肪レベルの意味や男女別の数値について説明します。
内臓脂肪を落としやすい食事方法
ダイエットの基本は食事と運動ですが、ただ漠然とやるより効率よくやった方が結果が出やすいのは言うまでもありません。ここでは知ってそうで意外と知られてない、内臓脂肪を落としやすい食事方法のコツをご紹介します。
内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物
ダイエットをする上でカロリーの低い食べ物を意識することは誰もが知っていますが、では内臓脂肪を減らすのに役立つ食べ物はどうでしょうか?知らない人がほとんどだと思います。そこで、このページでは内臓脂肪に悩んでいる人におすすめいしたい食べ物をご紹介します。
内臓脂肪に効く筋トレ
内臓脂肪を落とすには筋トレが最適なのは言うまでもありませんが、ただ闇雲にやればいいというわけではありません。このページでは私がやった内臓脂肪を減らすのに効果的な筋トレを5つご紹介します。
内蔵脂肪にお勧めの飲み物
内臓脂肪が気になる人は食事には気を使っていると思いますが、普段口にするちょっとした飲み物は軽視しがちです。自販機のコーヒーやコーラでも塵も積もれば山となります。このページではそんな内臓脂肪を減らしたい人におすすめしたい飲み物をご紹介します。
内臓脂肪測定にお勧めの体組成計
内臓脂肪は基本的に体重計に乗るだけでは測れません。厳密にやるなら病院でしっかり検査してもらわなければいけませんが、今は専用の体組成計でもかなり正確な数値が分かるようになってきました。そこで、このページでは内臓脂肪を測定するのに役立つ体組成計6つをご紹介します。
内臓脂肪が健康に良くない理由
内臓脂肪が健康によくない理由をはっきり知っている人は意外と少ないものです。病気になりやすいとか、見た目がよくないとか、漠然とは答えられても正確に知っている人はほとんどいません。そこでこのページでは内臓脂肪がもたらす悪影響について解説します。