内臓脂肪率

内臓脂肪率について

 

内臓脂肪は目で見ることは出来ません。 例え見た目が太っていなくて体脂肪率が低くても内臓脂肪が標準以上の人は少なくないんです。

 

その割合を知ることによって健康維持の基準とすることが出来ます。 肥満の解消の目安になるとともに、動脈硬化などの生命の危機に関わる病気の予防にもなります。

 

内臓脂肪を体の中に溜まったままにしておくとそれが原因で生活習慣病になるリスクが飛躍的に高まります。そのため、自覚がある人は早急な対処をするべきでしょう。

 

運動不足だったり、食事のバランスが偏っている人は内臓脂肪の蓄積が進みます。 少しお腹が出てきたなぁ・・・と思いながらもそのまま放置してしまいがちです。

 

これは蓄積しやすく、分解されやすいという特徴があります。 生活習慣を少し改善するだけで効果が出ることもあるんです。

 

ここでは、内臓脂肪率の測定方法と、体脂肪と内臓脂肪について説明しています。

 

内臓脂肪率を測る方法

 

内臓脂肪率のおおよその割合は腹囲から測ることが可能です。 男性であれば腹囲が85cm、女性であれば腹囲が90cmあると内臓脂肪面積100平方cmほどに相当します。

 

しかし、一方でこの測定方法に科学的な根拠がないと言う声もあります。

 

内臓脂肪率を正確に測定する為には病院でのCTスキャンによる検査が必要です。 しかし、最近では内臓脂肪レベルを測定出来る体脂肪計(体組織計)も増えていて1万円前後で購入できるものもあります。

 

CTスキャンほど正確ではありませんが、十分に自分の内臓脂肪率を知ることが出来ます。

 

メーカーによって多少基準値が違ってきます。こちらのページで紹介したTANITAやオムロンの製品が正確だといわれています。

 

体脂肪率と内臓脂肪率

 

スリムな体が良いとされる現代社会において、体脂肪は不要なもの、カッコ悪いもの、体に害を及ぼすものと思われがちです。

 

しかし、体脂肪が果たす役割を動物的観点で見たとき、それは体を動かすための活動エネルギーとなり、寒い冬において体熱を失わせない厚着の役割を果たします。

 

また、安全面では突発的な事故における衝撃から肉体を保護して、更に皮膚に潤いを与えます。

 

しかし、この体脂肪率が高くなると、高血糖や高脂血症、高血圧などの生活習慣病につながります。 適正な体脂肪率を維持することが大切です。

 

体脂肪率と内臓脂肪率は必ずしも比例するとは言えません。 しかし、体脂肪率が高い場合は内臓脂肪率が高くなる可能性は非常に高くなります。

 

そして体脂肪と違って内臓脂肪にはほとんど体が必要とする役割はありません。

 

そのことを意識してダイエットに臨みたいですね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com