内臓脂肪を減らす

内臓脂肪を減らすには?

当サイトは内臓脂肪を減らす人のために作ったものですが、なぜ皆さんは内臓脂肪を減らしたいと考えているんでしょうか?

 

  • 医師に言われたから
  • 健康診断の結果が思わしくなかったから
  • お腹が出てきて明らかにメタボのようだから

 

など、様々なきっかけがあったからだと思います。

 

 

しかし、正確に自分の内臓脂肪がどのくらいの量でどこまで減らすなどの目標を立てているでしょうか?

 

ただ、漠然とダイエットを始めても自分の体を知っていないと適切な方法を見つけることが出来ません。

 

まずは、自分の体の脂肪の比率、基礎代謝量などを知ることから始めることをおすすめします。

 

近年では機器が発達したお蔭で一度に体の様々な種類のデータをまとめて測定できる優れた体脂肪計が星の数ほど販売されています。

 

 

ダイエットはただ単に励むのはしんどいのですが、数値目標や目に見えた結果が時間と共に見えてくると、モチベーションもググッと湧いてきますよね。

 

無理な目標を立てず、自分の出来るペースで長い時間をかけて継続してダイエットを行うことが大切です。

 

ここでは、現代人の大敵である内臓脂肪について、それを減らすための運動と食事法を解説します。

 

食事について

 

内臓脂肪は体に溜まりやすいのですが、同時に落ちやすいという特徴があります。 溜まりやすいのは難点ですが、落ちやすいのは不幸中の幸いですね。

 

これはダイエットの方法さえ間違えなければ誰でも落とすことが可能ということを意味しています。

 

まず、大前提として一日に食べる料理から得るカロリーが「消費カロリー>>>摂取カロリー」という図式にすることが大切です。 カロリー計算を行う方法は有効ですが、なかなか細かく毎日計算するのは大変ですよね。

 

私は、カロリーの出ている食品を購入したり、カロリー計算済みの料理ブックなどを活用しています。

 

基本のカロリー、ご飯1膳、から揚げ1個、コーヒー1杯などを把握するだけでも役に立ちます。

 

今日は運動していないからご飯を半膳にしよう、お肉は揚げないで茹でて食べようなどの工夫が出来ますよね。

 

しかし、カロリーを減らせばいいと言うわけではありません。栄養のバランスをしっかり考えましょう。

 

運動について

 

内臓脂肪を減らして、脂肪を溜め込みにくい体を作っていくためには筋肉トレーニングと有酸素運動の両方を行うことが有効です。

 

筋トレはカロリーを消費することだけをイメージして行うと継続ができないので、筋肉を付けて基礎代謝を上げるイメトレを常に欠かさないことが重要です。

 

ここでいう基礎代謝量とは、寝ている間などの動いてない状態の時に消費するカロリーのことを言います。

 

太ももなどの大きな筋肉を鍛えると基礎代謝が上がりやすいと言われています。スクワットや腹筋、背筋などのトレーニングを取り入れてバランス良く筋肉をつけていきましょう。

 

有酸素運動は20分以上行うことが効果が効果的です。

 

有酸素運動とはその名の通り、やっている最中に息を激しく吸ったり吐いたりするものです。具体的にはウォーキングやジョギング、水泳、自転車などは比較的敷居が低いので挑戦しやすいと思います。

 

これらは自分がやりやすいペースで、あくまで無理をしないことが大切ですが、ある程度の効果を期待するのであれば週3回以上行うことが理想です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com