内臓脂肪の燃焼

内臓脂肪の燃焼

 

私達人間の身体は、体重の50〜60%が水分、残りは脂肪やたんぱく質、糖質、ミネラルという成分で構成されています。

 

その内、脂肪の重量を体重で割った体脂肪率が、一般に男性で15〜20%、女性で20〜25%程度と言われています。

 

男性で体脂肪率が25%、女性で30%を超えてくると肥満の傾向にあると判断できます。

 

 

体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。

 

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪のことで、直接手でつまんで触ることが出来ます。

 

目に見える範囲で脂肪がついてくるので、自分の体をベストな状態にキープする基準にすることが出来ます。

 

 

問題となるのは目に見えない内臓脂肪の方です。 内臓脂肪は内臓の周辺につきます。

 

最近では見た目は痩せていても体脂肪が30%を超えている隠れ肥満も少なくありません。

 

内臓脂肪が増えてくると糖尿病など様々な生活習慣病にかかる可能性が高くなります。

 

プロポーションを整えるというより、健康の為にダイエットが必要なのです。

 

ここでは、そんな内臓脂肪を燃焼させる為に、内臓脂肪の性質について知っていただたいと思います。

 

数ある内臓脂肪燃焼の方法の中でも最も有効な有酸素運動についても紹介しています。

 

内臓脂肪の性質

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて脂肪を溜めやすく出し易いと言われています。内臓脂肪は体重が減少すると皮下脂肪よりも先に落ちます。

 

このように考えると、内臓脂肪の減少はそれほど難しいことではないような気がしますよね。

 

 

しかし、無理な食事制限などで急激に減量して減らすことなどは逆効果になります。数字的には体脂肪率は減っていくと思います。 もちろん、内臓脂肪の数値も低くなるでしょう。

 

理想の数値まで下がったとしても、急激なダイエットは体の基礎代謝を著しく低下させます。

 

その結果、ダイエットのことを考えて以前より少ないカロリーの食事を摂取してもなかなか消費されず、結果的に痩せにくい体質になってしまうということです。

 

(基礎代謝が下がる(少ないカロリーでも生きていける)というのは飢餓状態などに置かれた時は有利に働きますが、飽食の現代社会にあっては全く嬉しくない性質といえます。)

 

リバウンドのせいで基礎代謝の低くなった体は「飢餓がきても大丈夫なようにしよう」という命令が働くのでダイエット前よりも多くの内臓脂肪が自然と蓄積されてしま体になってしまいます。

 

内臓脂肪の燃焼させるには、無理なダイエットではなく、脂肪を蓄積しにくい健康的な体を作ることが大切です。

 

有酸素運動が有効

 

多くの人が知っているように、内臓脂肪を減らそうと思ったら無理な食事制限だけでなく、体をしっかり動かす有酸素運動が欠かせません。

 

脂肪を有酸素運動によって減らそうと本気で思ったら最低でも20分〜30分は有酸素運動を継続しなければならないといわれています。

 

 

しかし、20分以下の運動が全く効果がないという意味ではありません。

 

筋力トレーニングなどの短い運動でも脂肪燃焼につながります。 大切なのは3日坊主にならず続けることです。

 

有酸素運動の定番といえばウォーキングですよね。 膝などに負担がかかる人は自転車を使ってのバイク運動も効果的です。

 

有酸素運動は心配の機能を高め、血管機能や血行が良くなります。

 

酸素を血液内大量に取り込むことによって脂肪の燃焼を促します。

 

急な運動が難しい人は、まず10分から初めてみませんか? 思った以上に気持ち良くて、ストレス解消にもなると思います。 少しずつ時間を延ばして、有酸素運動を毎日の習慣にしていきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com