薬について

薬で脂肪はどうにかなるか

当サイトで何度も説明しているように、内臓脂肪が体内に蓄積されてしまうと、コレステロールや中性脂肪、血糖値が平均値以上に高くなり、様々な生活習慣病の要因となります。

 

よく成人男性でポッコリしたお腹をしている人がいますが、それはまさに内臓脂肪が溜まっている証拠です。

 

本人は「最近太ちゃって〜」と笑い話のタネにしているケースが多いのですが、本来はもっと深刻に捉えるべきでしょう。

 

 

近年ではメタボリックシンドロームという言葉もすっかり定着しました。

 

内臓脂肪の量・状態を実際にを調べようと思ったらCTスキャンを活用した専門的な検査が必要です。

 

もし会社で健康診断を受けている人はダイエットをすすめられる場合もあります。その時点で早めに自分の健康を労わりたいものです。

 

しかし、数値的に悪い結果が出ていなくとも「自分はメタボ、もしくはメタボ予備軍ではないか・・・」と不安を抱えている人は世の中多いと思います。

 

既に別ページでも説明しましたが、「溜まりやすいけどその分、分解も早い」のが内臓脂肪です。

 

そのため食事制限と有酸素運動をきちんと行えば、比較的早く効果を実感できるという特徴があります。

 

簡単なようで、食事制限や有酸素運動を続けることは大変ですよね。 何か簡単に内臓脂肪が減る方法はないものか・・・と思ってしまいます。

 

最近は内臓脂肪の減らす効果を謳った薬も多く出ています。 果たして効果はあるのでしょうか?

 

ここでは、内臓脂肪に効果があると言われているナイシトールとラクトフェリンの効果について説明しています。

 

ナイシトールの効果

 

内臓脂肪を減らす薬の中でもナイシトールは有名ですよね。 CMなどでもよく目にします。 漢方薬の一種ですね。

 

「お腹の内側の脂肪に」と強調していますが、内臓脂肪に必ずしも効果があるわけではないようです。 どちらかというと皮下脂肪への働きの方が大きいとまでいいます。

 

ただし、だからといってナイシトールが内臓脂肪には全く駄目、というわけでもありません。 肥満気味の人は腹部に脂肪が溜まっています。

 

それによって便秘やむくみ、高血圧など様々な症状を引き起こします。

 

皮下脂肪から減らしていくことによって、それらの改善に繋がり、基礎代謝が上がることが考えられます。

 

しかし、ナイシトールを飲むだけでメタボリックシンドロームの改善にはなりません。

 

長く続けて服用しながら食事のバランスを整え、適度な運動を行う必要があります。

 

ラクトフェリンの効果

 

最近は、ラクトフェリンが内臓脂肪に効果があるという話を良く聞きます。

 

 

ラクトフェリンはヨーグルトなどに含まれる成分で、整腸効果などがあります。ラクトフェリンを摂取すると腸内の善玉菌が増え、腸の中に溜まっていた毒素を排泄できるようになります。

 

毒素を腸内で分解して体に蓄積することを防いでくれるわけです。

 

便秘などによってお腹がポッコリ出ている人は効果があるように感じられると思います。

 

しかし、お腹が少しヘコんだからと言って、内臓脂肪が減ったとは限りません。

 

腸の働きが活発になることによって内臓全体の働きがスムーズになります。

 

エネルギーを燃焼しやすい体が出来たところで有酸素運動を継続して行うことによって内臓脂肪の燃焼につながります。

 

薬の使用をする時は、薬で内臓脂肪を減らそうと考えず、ダイエットの効果を上げる補助的な役割と考えた方が良さそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com