漢方について

漢方について

 

ご存じでしょうか?

 

日本人の40歳から74歳までの男性の2人に1人、女性は5人に1人が、メタボかメタボ予備軍というデータがあります。

 

メタボリックシンドローム・・・通称メタボは体内の内側に内臓脂肪が健康値を上回るほど溜まることによって発現します。 そして、内臓脂肪の過度な蓄積は、様々な生活習慣病の引き金となります。肥満は別名、死の四重奏ともいわれますが、メタボはその最たるものです。

 

そんな深刻な状況の中で、メタボリックシンドローム対策を始める人が増えました。 内臓脂肪の減らし方は、運動によって脂肪燃焼させる事です。

 

内臓脂肪は「摂取したエネルギー>消費するエネルギー」という図式が成立することで溜まっていきます。

 

適度な運動を行いエネルギーを消費させることは内臓脂肪の燃焼につながります。 そして、食べ過ぎない、飲み過ぎない、禁煙、ストレスをためない事が大切です。

 

そんなメタボ対策において、ここ最近は漢方の力を頼る動きが医療の世界で活発化しています。メタボ改善における 漢方薬に期待される効果は主に体質改善です。

 

漢方には豊富な種類の生薬があり、それぞれが別々の効能を持ちます。そこで、それらを自由自在に組み合わせて飲むことで内臓脂肪が燃焼しやすい体を作ることが狙われているわけです。

 

ここでは、漢方の中でも内臓系(特に内臓脂肪)に効果覿面と称されている防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)と扁鵲(へんせき)を解説します。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

恐らくほとんどの人が耳にしたことは無いと思いますが、防風通聖散は数ある漢方の中でも最も内臓脂肪に有効だといわれています。

 

ロート防風通聖散錠、ツムラ漢方防風通聖散、ナイシトール、コッポアポA錠などがこれにあたります。

 

防風通聖散は生姜を初めとした全部で18種類もの大量の生薬を組み合わせた漢方薬のことです。

 

肥満症で普段kら便秘気味の人や、のぼせやむくみに悩んでいる人に有効で、お腹周りの脂肪を分解・燃焼する働きがあるため、肥満(内蔵脂肪型)の解消に多大な貢献をするといわれています。

 

また、水分循環を改善し、便秘、高血圧の緩和・改善にも効果的だと言われています。

 

ドラッグストアなどで購入できます。

 

扁鵲(へんせき)

 

扁鵲(ヘンセキ)は九味半夏湯(沢瀉・生姜・柴胡・升麻・甘草・猪苓・半夏・橘皮・茯苓で構成)で作られた漢方薬です。

 

本来は水分代謝の悪い人に使用される薬です。

 

しかし、上記の成分に体内の不要物を排出する大黄を加えることによって内臓脂肪が減る効果がみられました。

 

体の代謝を上げることによって脂肪の燃焼を促します。 BMI、コレステロール、中性脂肪、尿酸、血圧、血糖が低下する結果も出ています。

 

扁鵲は江戸時代に日本で考案されました。 その後日本人の体に合うように改良され、一般用生薬として承認されました。

 

現在のメタボ対策市場の中で注目を浴びるようになり、漢方薬の中でも効果が高いと評判です。薬局や薬店にて購入出来るので興味のある人は県等してみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com