内臓脂肪ダイエットの方法

内臓脂肪ダイエットの方法

 

肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型の2種類があります。

 

もし、自分が肥満だという自覚があって痩せようと思ったのなら、まず最初に自分がどちらのタイプの肥満なのか理解するところから始まります。

 

 

恐らく多くの人(特に中高年の男性)は内臓脂肪型の肥満である可能性が高いでしょう。その理由はそちらのタイプの肥満は生活習慣病と深く関わっているからです。

 

脂肪はエネルギーの貯蔵庫として考えられています。 近年では、生体の様々な機能を制御する生理活性物質(サイトカイン)を産み出す器官であることも分かってきました。

 

そして、内臓脂肪が必要以上に溜め込まれてしまった状態になると、サイトカインの産生もそれに連動して過剰になることまでわかりました。

 

一度こうなってしまうと体内に血栓が出来やすくなったり、動脈硬化や糖尿病になるといった悪影響をもたらすとされています。

 

その為、最近では国を挙げての対策が考えられています。内臓脂肪を減らすには時間がかかるので早めの治療や対策が重要です。

 

ダイエットとしてまず考えられるのは食事量を制限することですよね。 しかし、内臓脂肪が多い人は身体の代謝が低下している為脂肪が燃焼しにくいのです。

 

食事制限だけでは身体は痩せても内臓脂肪の燃焼にはつながりません。 食事のバランスを整え、運動をする方法が一番効果があります。

 

ここでは、そんな内臓脂肪を減らすダイエットの方を紹介しています。

 

ダイエットを始める前に

 

ダイエットを始める前に生活習慣を見直しましょう。

 

体に良くないと思いながら思わず続けてしまっている習慣というものが誰にもあります。 それを完全するだけで少しづつダイエットの効果が現れることがあるんです。

 

また、ダイエットを始めても生活習慣が乱れている場合は思ったような効果を得ることは出来ません。 間食の習慣のある人には肥満症の人が多いのは当然の事です。

 

近年増えてきているのが欠食の習慣です。 朝食を抜いたりして1日2食の人が多くなっています。

 

欠食をすると一度に食べる量が増えやすく、吸収効率も上がってしまうんです。 その為、脂肪の蓄積量が多くなることがわかっています。

 

良く噛んで食べない早食いなども肥満の原因になります。

 

ダイエットの方法

 

食事制限と言うよりは、まず第一にバランスを整えて摂取カロリーを適切な数値にすることを意識するべきだといわれています。

 

ここでいう適正な摂取カロリーとは以下のようになります

 

成人男性・・・2000〜3000kcal
成人女性・・・1600〜2500kcal

 

身長や運動量によって適切な数値が違うので自分に適切なカロリーを知ることから始めましょう。

 

食事の品数を減らしてしまうと栄養素のバランスが崩れがちです。 バランスよく必要な栄養素を摂る食事を心がけます。

 

次に大切なのは20分以上の有酸素運動を出来るだけ毎日行うことです。 ウォーキングや、ジョギング、水泳などの運動が効果的です。

 

毎日が難しい人は一日置きなど自分の出来るペースから始めましょう。 始めに頑張りすぎてしまうとなかなか続かないですよね。

 

スリムで人に見られても恥ずかしくない体を取り戻すために、無理のないダイエット方法でコツコツと内臓脂肪を減らしたいですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内臓脂肪を減らす方法.com